運転整理支援システム

ダイヤが乱れた時、運転整理を迅速に行うため、
要所となる駅に接近してくる列車の状況を実時間で係員に提供します。

多くの路線が平面交差するような複雑な駅や発着の多いターミナル駅において、列車の運行に乱れが生じた際に、接近してくる車両の情報(列車の映像と編成情報)を前もって信号係員などに提供し、迅速な運転整理が実現できるよう支援するシステムです。

表示可能な情報

(1)入駅予定車両(近傍区間における入駅待ちの列車順序)
(2)行き先
(3)種別
(4)編成両数および固定編成の連結情報
(5)相直可否判定(オプション)

システム構成

映像による説明

ご覧になりたい方は右の画面をクリックしてください

詳細説明

近接駅で車両の画像とIDタグからの車両情報を取得します。

核となる駅に入駅したかどうかを検知するためのセンサを駅近くに取り付けます。

係員に表示される情報。
2列車分の映像を含み、車両情報を表示します。

駅の信号所に取り付けた状況。
4線分を2つの画面で表示。

ページの先頭に戻る